スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Kanon#21 アニメ考察(3):第六話~第八話

第06話「謎だらけの嬉遊曲 -divertimento-」

謎だらけなのに嬉遊曲なのね。・・・・・・これって何て読むの?

えー、まず確定事項。沢渡真琴ルートが最初に来る。
異変は起きてないが全ての原因は川澄舞。なんでアンタがそういうこと知ってる?

ついでに、川澄舞ルートは結構後のような気がする。
そう考えれば、最初の魔物の話がやけにテキトーだったのも納得がつく。原作では毎回毎回描写が詳しかったし、もう少し川澄舞が喋ってた気がするから。

あとは・・・・・・うぐぅが純粋に可愛いと思った。それだけ。うぐぅ何回言ってるんだうぐぅ。

考察部分はやっぱまこぴーにあり。しかし・・・・・・なぁ。原作でもそういったシーンは見てない(沢渡真琴ルートでやった時、川澄舞とは出会ってすらいない)ので、川澄舞が何を知っていたか、というのは注目したいところではある。






第07話「家出と仔猫の遁走曲 -fuga-」

だから川澄舞さんアンタ何者だ。沢渡真琴の何を知っているんだ。

そして始まった急展開。ギャルゲーをアニメにするからこーなる。AIRのアニメ見た時も思ったけど、無理矢理アニメにするから無意味に急展開になるんだ。

どういうことかって、「時軸的に合間合間に入らざるを得ないイベント」が「多数両立している」ため、「少々無茶な物語」になっていく。例えば、沢渡真琴ルート準拠物語でありながら川澄舞の話を両立させないといけない(屋上の昼食)し、美坂栞の話も毎日進めないといけない(昼休みの訪問者。アニメだと無理なので少々変わっていたが)ので、どうしても話があっちこっちに飛ぶんだよこーいうのは。
アニメから入るとここで困ることになる。

しかし、だとしても乱立しているのは沢渡真琴・川澄舞・美坂栞の三人で、川澄舞は舞踏会まで平々凡々と進むだけだし、美坂栞も美坂香里の相談イベントが発生しない限り物語が進まない(前提:2月1日の1週間前でルートに入らないといけない)のでいいとしてもなあ・・・・・・

あと、時折入る物見の丘の伏線は多分不要だと思う。
原作でさえちょいとばかりややこしいので、沢渡真琴の正体及び天野美汐の話はいくらかカットされるだろうし・・・・・・。

大体、狐を出すとかそのまんまじゃねーか。






第08話「追想の幻想曲 -fantasia-」
ああ、だから沢渡真琴なのか。
(↑激しく今更)

そして川澄舞さんアンタ本当に何者ですか。なんで天野美汐のことまで知ってるんですか。
川澄舞ルート・沢渡真琴ルート両方の過去を経験していたとして、確かに川澄舞の方が過去としては時軸的に最近にあたる。しかし、それだけで分かることにはならないだろ・・・・・・

仮に力を使っていたとしても、そこまで分かることはないだろうし、分かろうとすることもない気がする。
ただでさえその力を受け入れていない状態の川澄舞では、力を使いこなすなどということは不可能に等しいような気がするのだが・・・・・・


ということで、沢渡真琴ルート絶賛進行中。
原作でも味わったあの悲しい物語のど真ん中にあるだけあって、気分が滅入って仕方がない。同時進行で物語を紡ぐというのが不可能なくらいに。

というか、このまま続けたら、全ての話を見ないといけないのだが・・・・・・

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・また泣くのかな、私。
スポンサーサイト
[ 2009/03/28 23:43 ] ゲーム(全般的に) Kanon | TB(0) | CM(0)

Kanon#20 アニメ考察(2):第四話~第五話

第04話「休日の奇想曲 -caprice-」

前半は過去話中心。まあこの辺は原作と全く変わりないので問題なし。

後半はちょっと色が変わってきた。
多分、最初は沢渡真琴編じゃないかと思う。既に異常事態の片鱗が見え隠れしている。
ただし、逆を言えば片鱗しか姿を見せていない。しかも明らかにオリジナル、あるいは私が辿ってないルートの話だったので、そう重要でもあるまい。

ラストは想像通りでした。はい。





第05話「魔物達の小夜曲 -serenade-」

アニメ考察をする上で大切な話の1つ。

まず最初。魔物討伐の話だが、ちょっとばかり端折りすぎかもしれない。
あれだけじゃ訳分からんだろ。

その後の入浴シーンはつい笑い転げた。

次、昼休みの話。
ようやくルート矛盾が始まった、と思えば今回は美坂栞が姿を見せただけ。

ただし、上級生コンビと昼食を食べている限り美坂栞の話は介入できないので、おそらくは川澄舞編がかなり早く来ると思う。まこぴーとどっちが先だろうか。
まあ、天野美汐もまだ出てきていない(・・・・・・そういえば、なんで出てきてないんだ? 川澄舞・倉田佐祐理なんか最初の方から出てきてるのに)ので、ひょっとしたら川澄舞編のほうが先かもしれない。

夜の学校パートツーはやっぱりまこぴーが馬鹿だった。

・・・・・・で、ちょっとここで思ったこと。

アニメは、原作に比べて人間関係がちょっと変わっている。
特に沢渡真琴を視点に置いて相互的に物を考えると、いくつか異なっている部分がある。

まず水瀬名雪&沢渡真琴。
原作に比べて親しい部分があるように思われる。原作では、もう少し沢渡真琴が控え目だったと思うが。

逆に、月宮あゆ&沢渡真琴が大きく異なっている。
原作では・・・・・・そもそも交流があったかどうかすら記憶にないが、アニメでは沢渡真琴が何かに怯えるかのような反応を見せている。知らない人だからか、生存本能か。
あるいは、うぐぅを知っているのか。

一番妙なのは、川澄舞&沢渡真琴。
全く接点がないのに、妙に川澄舞→沢渡真琴がおかしい。なんというか、優しすぎる。
推理としては、川澄舞が沢渡真琴の正体を、朧気ながら見抜いているということくらいか?

ついでにちょっと違和感を覚えた人間関係としては、相沢祐一→倉田佐祐理。
川澄舞と接するのと同じような対応なのが違和感バリバリだぞオイ。

・・・・・・とまあ、今のところはそんなもん。

まだ5話しか見ていないので推測だが、アニメは「月宮あゆを主軸に置いた上での全員の物語」ではないかと思われる。
だから、月宮あゆに関するエピソードは殆ど省略されていない。しかし、他のヒロイン達は微妙に異なっている部分がある。
特に美坂栞・美坂香里は、最初からちょっとおかしい。なんか、妙な感じがする。
沢渡真琴の異常行動が見られはじめたのもかなり早い段階でだし・・・・・・

まあ、いいや。
美坂栞編はかなり後になると思われる。少なくとも川澄舞編より後、水瀬名雪編より前。
どうせうぐぅは最後だとして、問題は沢渡真琴編と川澄舞編、どっちが先に来るか。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・だからギャルゲーをアニメにするのは無茶なんだって(今更)







[ 2009/03/22 10:57 ] ゲーム(全般的に) Kanon | TB(0) | CM(0)

Kanon#19 アニメ考察(1):第一話~第三話

ならばアニメを見ればいいんですね?
(間違えた解釈)


感想ではなくあくまで考察なので、キャプチャーは一切やっていません。
また気が向いたらするかもしれませんが。



<アニメ考察>
第01話「白銀の序曲 -overture-」

まず驚いたこと。京アニクオリティは凄すぎる。

この辺は原作なぞってる・・・・・・はずなのに、アニメならではの遊びが多々含まれているのが面白いです。
大体、アニメから入った人には、最後のスタッフロールの声優欄に「美坂栞」と書かれても全く分からないと思いますけどね・・・・・・

で、二次創作の北川君のアホっぷりはこっから来てるのかと納得。

それと・・・・・・学校のシーンで倉田佐祐理さん・川澄舞さんが出てきた時には冗談抜きでびっくりしました。
川澄舞さんのにぱー度(完璧に意味不明)、アニメの方がちょっと高いな・・・・・・

それと、うぐぅこと月宮あゆについて。
まあこの時はまだ考察することは何も無いので、感想を一つ。
うぐぅが動くとあんな風になるのかとちょっと納得+感心。あと、なんか可愛いなと思ってみたり。




第02話「雪の中の入祭唱 -introit-」

あ、うぐぅだ。・・・・・・って第1話にもいたっけ(酷い

とりあえずうぐぅはうぐぅだった(あまりに意味不明だ)。
美坂栞初登場時のうぐぅのセリフは殆ど削られてないですが、美坂栞さんのセリフがちょっと削られてる気が・・・・・・後半への伏線の1つを落としてないですか? 気のせいかなぁ・・・・・・

あと、原作崩壊かオイと思ったのは、言うまでもなく上級生コンビ。
ここで出会ってどうする・・・・・・学校探検の時のビニールシートには吹きました。はいそれあははー先輩のものですよ祐一君。

他には・・・・・・なんもないか。少しずつ原作と違った展開を見せつつ(北川君とか上級生コンビとか北川君とか上級生コンビとか北川君とか上級生コンビとか)、それでも原作準拠ストーリーっていうのが感心もの。やっぱ京アニは凄い
(↑やっぱりそこにいきつきますかアンタは)

最後の肉まんあぅーことまこぴー違った沢渡真琴さんは・・・・・・手をぐるぐる回す仕草に大爆笑しました。




第03話「記憶のない組曲 -partita-」

いやまあ、前半で考察しても考察することがないんですが・・・・・・私的に考察したいのは、美坂栞ルートに川澄舞ルートが重なるところとか、そういった原作矛盾な場所であり・・・・・・

まあいいけど。

この話は・・・・・・沢渡真琴の行動が1つ1つ違う気がする。お前晩飯食ったのにまだ冷蔵庫漁るか。
そして祐一のこんにゃくを落す寸前の顔と、その後の真琴さんの暴れっぷりは爆笑を誘いますって。

ラストがアレだから次は「魔物達の小夜曲(セレナーデ)」(唯一覚えているサブタイトル)かと思えば、全然違うサブタイトルかオイ。
[ 2009/03/21 22:41 ] ゲーム(全般的に) Kanon | TB(0) | CM(0)

Kanon#18 考察(4):& or ×?

例によってネタバレを含みますのでやっていない方でやる気がある方は略。














ライトノベルやゲーム、アニメ、漫画には、カップリングがある。

これがまた、同人と呼ばれるジャンルにおいては、意図しないカップリング、すなわち恋愛要素の入っていない物語のキャラクターで恋愛物語を作るという二次創作があったりする。

なので、全作品に、カップリングは存在するといえる。

今回は、「Kanon」のカップリングについて考察してみるとする。

なお、どうせ片方は相沢裕一で固定なので、ヒロインの名前を挙げて考察していく。

・・・・・・恋愛を知らない人間が考察するというのも不思議な話だが。






水瀬名雪
ストーリーで私が散々述べている通り、典型的な恋愛物語。
幼馴染・・・・・・とはくくりにくいし、遠距離恋愛もちょっと違うが、とにかく確実に恋愛といっていいだろう。

ただ、彼女は他にも依存しているものがあるため、どこか典型的からは外れている・・・・・・のかも?

逆説、選ばれなかったらヤンデレ化する場合もなきにあらず。怖っ。





月宮あゆ
夢の創造主なのかただの幻影なのか知らないが、とりあえず彼女に意志があるのは確実。
ジャンル的には水瀬名雪と似ている。幼馴染とは括れず、遠距離恋愛・・・・・・じゃないな確実に。

ルートでの裕一の告白二対する反応が「ボクでいいの?」というものだから、ひょっとしたら自分がヒロインになる可能性を最初から捨てていたのかもしれない。

これは、「秘めた思い」と共通する部分がある。
かといって、彼女の性格は内気にあらず。絶望・悲観などがあてはまるのだろう。

なんにせよ、恋愛物と見て問題なし。





沢渡真琴
とりあえず恋愛物とは私は見ない。元々が狐でその思い出の大半を失っているので、結局は裕一とのつながりが限りなく薄い。つまりのところ、恋愛物語に発展する要素が何一つないのだ。

恋人同士より兄妹と見た方がしっくりとくる。

余談だが、ツンデレなのに選ばれなかったら絶対にヤンデレにはなれない。
理由は単純。選ばれない=消滅だし。・・・・・・アニメは別として。






天野美汐
おっとー、ここで乱入者のみっしーが登場ダー
ちょっと悩んでみたので考えてみた。いや、この人相手にする二次創作が多いので・・・・・・

立場としては「共有者」、あるいは「共同戦線者」なのではないかと覆う。
もちろん、そこから恋愛感情に発展することはなくはない。同じ戦場で戦っているうちに恋が芽生えるという物語は結構あるし、そう考えるファンもいる。

ただ、ゲーム内では彼女の本音がろくに出ていない上、彼女の正体さえ分からないので、断言は不可能。
公式的なヒロインにはなれないだろう。






美坂栞
「半分の月がのぼる空」の前例を考えると、ハッピーエンドで確実に恋人関係にあると断言しても構わない。

彼女の話をするたびに、「半分の月がのぼる空」を私は例えに出すのだが、境遇が結構似ているのだ。
そもそもヒロインの性格が全く異なっているが、物語の結末としては似ている。
だから、同じように考えても構わない部分がある。

初対面からしばらくの間、兄妹に見えなくもないが・・・・・・それは、裕一の妄言のせいだ。






美坂香里
乱入者2号。

美坂栞ルートで裕一に泣きつくシーンがある人だが、ただそれだけなのになぜか二次創作でやたらとヒロインにされている。なぜだ。

恋愛要素が入る余地一切なし。友達じゃ駄目なんですかそーですか。






川澄舞 & 倉田佐祐理
メインはこの二人。この二人を考えるためにこの考察をテーマにしたのです。

Kanonというストーリーの上で、この二人が一番分からん。
最初の魔物戦から最後の魔物戦の間、すなわち川澄舞ルートが始まってから「月宮あゆの離別宣言」→「クライマックス」までは恋愛要素が入りにくい―――まあラブコメといえばラブコメではあるのだが、ちょっと違う気がする。

問題なのは、ハッピーエンドでのラストシーンと、アフターストーリー・アナザーストーリーを展開している二次創作。

さて・・・・・・一体なんなのだろうか。

境遇的に似ている物語が存在しない。ハーレム系ラブコメなら禁書目録やら生徒会やらアスクラやられでぃばとやらといくらか思いつくのだが・・・・・・せいぜい、バカテスが近いのではないだろうかというレベル。
だから、例え話も不可能。

なので、単体で考えるしかない。

まず、川澄舞ルートのみを考えれば、「川澄舞が恋人で倉田佐祐理が友人」かつ「倉田佐祐理は相沢裕一と川澄舞の中継で、共通部分」という解釈となる。すなわち、

 -------------------------
 ↑↓               ↓↑
相沢裕一---倉田佐祐理---川澄舞

と、記すことができる。変な図ですまぬ。

しかし、ここで狂わせてくれるのが倉田佐祐理ルート。川澄舞ルートをクリアした後に出てくる選択肢で変わったものを選ぶと10分弱で終わるのだが、ここで重要なのは、

川澄舞が相沢裕一に言った一言。

中身は・・・・・・明確には覚えていないので伏せておく。ただ、このセリフから分かるのは、川澄舞は倉田佐祐理と相沢裕一、両方同じくらい大切に思っているということになる。

では、川澄舞→相沢裕一が成立しないのではないか?

しかし、さらなる逆説。この話に分岐するのはクライマックスに入るかなり前なので、この時点では、という考えが生まれてくる。

厄介なのが、ゲームではありえないが物語ではありえる展開―――すなわち、

倉田佐祐理ルートを通った上で川澄舞ルートで物語を進める場合、何もかもが成立しなくなる。

・・・・・・個人的にはそれが一番いいのだが。

さらに厄介なことに、倉田佐祐理から相沢裕一への感情が読みにくい。
倉田佐祐理ルートにおいての彼女のセリフを聞く限りでは恋愛感情が入っていてもおかしくないのだが・・・・・・

・・・・・・。

さあて、これは一体どういうことだ?

一番分かりやすいのが、

川澄舞 ⇔ 相沢裕一 ⇔ 倉田佐祐理

なのだが(そしてそれを希望する)、この一言で片付けるにはあまりに複雑な事情が多い。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・アニメ見ればいいのか私は?
[ 2009/03/09 21:51 ] ゲーム(全般的に) Kanon | TB(0) | CM(0)

Kanon#17 考察(3):ASは如何ほどに?

やはり全ルートのネタバレを含みます。
























それぞれのルートでハッピーエンドを迎えた時、選ばれなかったヒロインはどうなるのだろうか?

例によって私の独りよがりな推理なので、当たっていても外れていても気にしないように。
特にアニメ版Kanonを見た人。私はあくまでPSP版のゲームをやっただけなので勘違いなさらぬよう。




水瀬名雪
・月宮あゆルート
何事も起きていない。裕一に月宮あゆのことを教えたのは水瀬秋子なので、彼女は普通に生存している。

・美坂栞ルート
描写はないが、おそらく何も起きていない。もし起きていたら相沢裕一・美坂香里のどちらかが何かを言っているはず。

・沢渡真琴ルート
描写はないが、おそらく何も起きていない。沢渡真琴は水瀬家の家族になったのだから、そこが1人欠けたら話にならない。テーマとして「家族」があるため、多分みんな無事。

・川澄舞ルート
描写はないし推理もできない。奇跡が起きてから卒業式まで随分とあるので、どっちとも断言できない。



結論:多分何事も起きていない。





月宮あゆ
・水瀬名雪ルート
案外どこかにいるかもしれない。このルートでは月宮あゆが結構出てきているので、ひょっこり顔を見せてもおかしくない。水瀬秋子の口から名前が出るかも?
(一緒にご飯食べてるし)

・美坂栞ルート
描写なし。おそらく精神が消滅している。

・沢渡真琴ルート
描写なし。おそらく精神が消滅している。

・川澄舞ルート
描写なしの上に、過去が書き換えられている。存在すらしていないかもしれない。



結論;殆どのルートで消滅しているんじゃないのかな?





美坂栞
・水瀬名雪ルート
水瀬名雪が美坂香里のことを何も言っていない。もし美坂栞が死んだとしたら、少なくとも美坂香里が何か変わっているはず。
描写を入れていないだけかもしれないが、それにしては何かひっかかる。多分生存。

・月宮あゆルート
これまた水瀬名雪が何も言っていないので、やっぱり生きていると思う。

・沢渡真琴ルート
描写なし。判断不可能。

・川澄舞ルート
描写なし。判断不可能。




結論:この世界が夢ならともかく、普通の世界だったら死んでいるのではないだろうか。
しかしそれにしては美坂香里~水瀬名雪が何も言わないのが気になる。





沢渡真琴
・水瀬名雪ルート
私だけかもしれないが、商店街に普通にいた。よって、消滅しているかどうか断言不可能。

・月宮あゆルート
途中で水瀬家からいなくなる。おそらく消滅。

・美坂栞ルート
途中で水瀬家からいなくなる。おそらく消滅。

・川澄舞ルート
途中で水瀬家からいなくなる。おそらく消滅。



結論:おそらく生命力の消失により消滅。





川澄舞
・水瀬名雪ルート
話すら出ていない。

・月宮あゆルート
このルートだと学校のイベントがかなり少ないため、おそらくは現状維持。

・美坂栞ルート
話すら出ていない。

・沢渡真琴ルート
話すら出ていない。



結論:川澄舞に何かあったとしたら、相沢裕一と関わった時のみなので、彼女は普通に生きていて倉田佐祐理と一緒に居て、今でも魔物を討伐しているだろう。
[ 2009/03/07 22:54 ] ゲーム(全般的に) Kanon | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。