スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<TOP記事>

ブログを移転しました。

新ブログはコチラ→ネガティブだけど、前を向く
スポンサーサイト

ケーキ食べたい

回転寿司でもいい。

……どうしてこの2つが同列になっているのか、私にもわかりませんけど、「今食べたいものは何ですか?」と聞かれたら、ケーキもしくは回転寿司、と答えると思います。

駄目だ、訳分からん。



今月読んだ本!

『生徒会探偵キリカ3』
『憑物語』
『バカとテストと召喚獣10.5』
『三百字小説』
『キノの旅16』
『新約 とある魔術の禁書目録5』
『砂漠』

計7冊! シリーズ物以外は2冊!

キノと禁書が印象に残ってるね! 物語はちょっと肩透かしだけど次が怖いよ!

……ってテンションを上げているのは、アレです。あまりにも読書量が減りすぎて愕然として、なんかもうテンション上げないとやってられないからです。
ラノベでもその他でも、今月はたくさん読まないとなぁ。
とはいえ、10月下旬からの本を持ち越している(金銭的問題で)ので、少し多くはなるでしょうけど。




追記より拍手返事。

[ 2012/11/01 23:09 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

期せずして4連休

みたいです。

というのも、明日は体育祭で休み(私は参加者ではないので出ません)。明後日はネットショップ対策授業なのですが、この授業は時々飛ぶんです。外部の講師による授業なので。
そして明後日は祝日で、日曜日は元々休み。

私はてっきり、明日も明後日も普通に学校があるものだと思っていたので、期せずして4連休が訪れたことになります。
正直かなりありがたい。
やらなきゃいけないことが山積みなので、可能な限り切り崩していこうと思います。
差し当たっては『いなかみち。』の改訂と、サイト・ブログリニューアルから。



あ、それと。
本日10月31日。ハロウィンです。

ハロウィンっていうのは元々、万聖節の前日という位置づけだったみたいで、場所や文化によっては1つの収穫祭みたいな位置づけになっているようです。
西洋文化ではこの“○○の前日”という行事って結構多いみたいです。みなさんもよく知っているものだと、例えば4月30日の「ワルプルギスの夜」。これは5月1日「五月祭」の前夜祭、という位置づけでもあるみたいです。

ものすっごくどうでもいい余談ですが、アニメとかゲームが好きな方は「ワルプルギスの夜」と聞くとおそらく某魔法少女物を思い出すのかもしれませんが、私は全然違う物を思い浮かべちゃったりします。というか「ワルプルギスの夜」と聞くと即座に「五月祭」が出てきてアレが出てきます。進みだした未来。

まあそんなことはどうでもよくて。
日本ではクリスマスやバレンタインデーのように、1つのイベントみたいに位置づけされています。
数年前までは知名度が低いなぁと思っていたのですが、近年ではそこそこに取り上げられるようになってきたんですね。朝のニュースで、ハロウィンイベントや仮装の特集を組まれているのを見て、ちょっとびっくりしました。

それに便乗するというか。そんな感じで、本サイト「漆黒色の物語」の『死神姫』で記念短編を1つ書いてみました。
記念短編は久しぶりですが、是非ともご覧になっていただければです。
今日も空さんが空さんだよ!(謎すぎる)



あ、そうそう。

既に記念短編を読んでくださった方向けの補足ですが、作中の稜子さんが口にしている、“あの決まり文句が微妙に変わったセリフ”ですが、意味としてはまあ、直後に空が言っているようなことです。

ツイッターで更新報告をした後、トレンドを追いかけて単語を知り、ちゃんと存在することを調べて確認し、稜子さんだからこれくらい言っても不思議じゃないよね、と修正してみました。
なお葵のアレも厳密には違う言い方があるみたいですが、葵はアホの子なのであれでオッケーです。
[ 2012/10/31 23:53 ] 学校生活(専門学校) | TB(0) | CM(0)

アニメ感想「さくら荘のペットな彼女」 第4話「色を変える世界」




[ 2012/10/30 02:49 ] アニメ感想 | TB(1) | CM(0)

アニメ感想「リトルバスターズ!」 第4話「幸せのひだまりを作るのです」

<あらすじ>

前向きで人懐っこい小毬は人見知りの鈴との距離も少し縮まり、すっかり大事なメンバーの一員になっていた。
ある日の昼休み、屋上で昼寝していた小毬を見つけた理樹は「お……おにいちゃん……?」という寝言を聞いてしまう。
小毬に話を聞くと、彼女は本当はひとりっ子で、いつも夢の中にだけ兄が現れてちょっぴり悲しいお話の絵本を読んでくれるのだという。
だがその後、小毬は夢の中に出てきた手作りの絵本が実家にあるのを見つけてしまうのだった――。


(公式サイトより)


[ 2012/10/28 05:06 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。